私たちについて

有機・自然栽培を営む農家と消費者を、マルシェ(市場)という暮らしにかかせない場所を通してつなぎ、本当に安心な農作物を地域全体に届けたい。その思いから、はちまるBioマルシェは、凛としてそびえる那須の山々に抱かれたゆたかな里山、那須野が原で2021年にスタートしました。


完全無農薬にこだわった有機・自然栽培の農業は、本当の意味で安全な食生活に貢献するばかりでなく、環境に優しい持続可能な社会の実現にむけた取り組みにおいても、重要な鍵を握っています。

生産者の顔がみえ、自然の美味しさをいっぱいに味わえる安全な農作物を、この町の人々がこの町の広場で、あたりまえのように買えるようになること。そしてそれが、農業の未来を少しずつでも変えていくこと。その目標を共にする生産者が集ったにぎやかな場所が、わたしたちのマルシェなのです。


そして、おおたわらが誇るこの美しい里山は、誠実で美しい手仕事や、多彩な食文化をもまた私たちの世代へと守り伝えてきてくれました。自然と人が心地よく共生する暮らしの豊かさは、「衣食住」が一体となってはじめて、現代の生活様式として取り戻すことができる。だからはちまるBioマルシェでは、今や若い作り手によって受け継がれた工芸の品々や、洗練されたレシピで丁寧に調理された地元ならではのグルメの数々も、訪れる人々を待っています。


ゆっくりと、焦らず。いつもフェアに、互いを尊敬しあって。そうやって「つなぐ、とどける」を繰り返すうち、オーガニックな暮らしに対するわたしたちの思いが地域や世代を超えて広がっていきますように。それが、わたしたちが、いまここから発信する願いです。

IMG_0410.JPG